2014年 08月 30日
きららなマザー
もしや、帰れないんじゃあ…という事態に遭遇しつつ、無事、帰路に付けた今日この頃。本当、月末ってのは何が起こるか分かったものではない。

c0090360_1115565.jpg

バタバタ気味ではあるけど、メダロット8は昨日に確保済み。
既に開封し、少しずつ進めてる。
現状、魔女ダンジョンが架橋を迎えているのと、トライフォース2も進めている都合により、しばらくはスローペースの進行になってしまうけど、個人的に初となるメダロット。じっくりとその真髄を満喫していきたいと思います。

c0090360_1121241.jpg

しかし、体験版をプレイした時にも感じた事だけど、この主人公の母親、やたらヒロイン力が高いのはなんなんだろう。…なんなのだろう。


◆『朧村正』追加DLC第4弾となる元禄怪奇譚(げんろくかいきたん)“角隠女地獄”の配信日が未定に(ファミ通.com)

どんな具合に表現に問題があったのかが逆に気になる…。
しかし、無期限ってのはなかなかきつい展開だ。
配信日直前にってのも凄い話だ…。

◆『ロックマン』シリーズ10作のBGMを収録した10枚組のサントラ集が一般発売決定(ファミ通.com)

以前出たE缶の廉価版と言った感じですな…。

◆ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT(ポケットモンスターオフィシャルサイト)
◆『ポケットモンスター』×『鉄拳』の新プロジェクト『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』が発表! 2015年アーケードで稼動決定(電撃オンライン)

唖然。
以前のノブナガと言い、思いも寄らぬ方向に舵を切りますなぁ…。
そのチャレンジ精神、嫌いじゃないぜ。

アーケードで稼働と言っているけど、将来的には家庭用にも来るんだろうな。
やはり、WiiUでの登場になるんだろうか。
遠い先の事かもしれないけど、待ってみるとしましょう。

◆ゲームデザイン面で評価の高い「風ノ旅ビト」「The Unfinished Swan」がPS4で発売へ。The Unfinished SwanはPS Vita版も登場(4Gamer.net)

特にPS3版との目立った違いが無いのなら、風ノ旅ビトは遠慮かな…。
逆に『The Unfinished Swan』は未プレイなので、良い機会かもしれん。
結構、酔い易いと聞くけど…。

◆3DS用シミュレーション、「A列車で行こう3Dビギナーズパック」登場 攻略本を同梱。基本要素やプレイのコツを細かく紹介(GAME Watch)

『シヴィライゼーションレボリューション』が脳裏を過ぎった。
電子説明書がデフォと化す昨今で、こういうパッケージは逆に貴重かも。

◆「ゼルダ無双」の更新データが9月1日に配信。試練に挑む「チャレンジモード」や,ドット絵風のデザインが目を惹く武器「ソード」が登場(4Gamer.net)

意外と早い配信でビックリ。
今後もアップデートは続いていくみたいだけど、DLCの方はどう展開していくのやら。
衣装ばかりでなく、BGMとか、その辺の展開があったりすると良いんだけど。

◆Amazon.co.jpでWii U&3DSのダウンロードソフトが購入可能に! DL版『マリオカート8』など117タイトルが対応(電撃オンライン)

この報せを見た瞬間、そう言えばWeb版eショップはどうなったの?…と思った。
基本的にパッケージやDLカードが出ている配信専用タイトルが主体のようだな…。
ここにDLカードが出てない配信専用タイトル、脱出アドベンチャーシリーズやソリティ馬、電波人間のRPGシリーズ等の販売も始まると非常に面白い事になるんだけど。
是非、それは実現して頂きたいところだな…。
市販されているもの中心じゃ、正直、刺激に欠ける。

◆『おさわり探偵 小沢里奈 なめこリズム』が11月13日に発売 今度のなめこはリズムゲーム!(ファミ通.com)

どう反応して良いのかに困る報せだ…(汗)。

◆ほぼ日刊イトイ新聞 - 「MOTHER」のこと。
◆『MOTHER2』20周年記念。大人も子供も、おねーさんも夢中になったSFCの傑作RPGの思い出【周年連載】(電撃オンライン)

もう20年かぁ…。
個人的にRPGに対する苦手意識を完全に取っ払ってくれたのみならず、その面白さや真髄というものを教えてくれた一作でもあるから、忘れるに忘れられない。これを遊んでなければ、後の『スーパーマリオRPG』や『ポケットモンスター』等の作品に興味を抱いたりする事も、RPGに対する苦手意識を植え付けた元凶的存在でもあった『ドラゴンクエストIII』に再挑戦(&完全克服)する事も無かっただろうし。
未だオリジナル版は手元にあるけど、今後も大事に保管していきたいところですな。

c0090360_01242406.jpg

遊ぶのはWiiUの方がメインになりそうだけど。
(実は先日のセールでこっそり買っていたという。)

◆DL数によっては天野喜孝氏も参戦!? ミストウォーカー新作「TERRA BATTLE」の事前登録受付がスタート&ダウンロードスターター発表(4Gamer.net)

一風変わった試み。
松野さん参戦の可能性もあるとあれば、登録は考えてみようかね…。

◆「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト」のサウンドトラック(2種)が 発売決定!(蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト:公式サイト)

インティさんの事だから、やるだろうと思ってた。
ロクゼロとゼクスの時も出してたし。

でも、ヴォーカルと別々というやり方には疑問符が…。
一緒にはできなかったんだろうか。

◆Newニンテンドー3DS(任天堂公式サイト)
◆ニンテンドー3DSに新Ver.が登場。新機能を満載した「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」が10月11日に発売決定(4Gamer.net)
◆Newニンテンドー3DS専用ソフト「ゼノブレイド」が2015年に発売決定。2010年発売のWii用ソフト「ゼノブレイド」のリメイク作(4Gamer.net)

思わぬものが発表。
CPU強化と専用ソフトの存在という点にゲームボーイカラーの匂いを感じる。
Cスティック付きのLLは抑えておきたいな…。
これなら、タッチスクリーン未使用のTPS、FPS系タイトルも行けるんではないだろうか。

とりあえず、ゼノブレイドができるのなら、罪罰(宇宙の方)の移植もお願いしたい。
リモコン前提な所があるので、多少の調整が必須となるかもしれないけど。

◆Nintendo 3DS Direct 2014.8.29

そんなNew3DSが発表されたダイレクトでは久々に岩田社長が出演。
さすがにしばし入院してたのもあってか、痩せてしまっていますな…。
でも、ほとんど回復されたような感じで少しホッとした。
あまり無理せず、業務に取り組んで行って欲しいと思うばかりでございます。

しかし、このタイミングでのダイレクトは少々、意表を突かれた感じがある。
というか、例年の9月頃のダイレクトはやるのか?
一応、WiiU関連のネタが残ってはいるけど…。

◆みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ:奇跡のコラボ!第二弾

そして、ダイレクトの裏でまもって騎士の配信日も確定。
下旬辺りになりそうと思ってたら、上旬で驚いた。
それに続く形で、まさに奇跡というに相応しいコラボの発表。
小倉さんの曲が気になる…。

◆TVアニメ「ユリ熊嵐」公式サイト
◆ユリ熊嵐 : 「ウテナ」の幾原邦彦監督が新作テレビアニメを制作(MANTANWEB)

こちらに漫画版の試し読みあり。
題名からも察せるけど、百合要素強めな匂いがプンプンするぜ…(汗)。
ピンドラみたいに全話見るかどうかは怪しいかも。
まあ、1話でどう来るかによるが。

by box057 | 2014-08-30 01:25 | 日記 / ゲームネタ | Trackback
2014年 08月 24日
【今週の新作】:Model Change Eight
≪2014年8月28日発売タイトル一覧≫
◆メダロット8 カブトVer. / クワガタVer.
◆討鬼伝 極
◆ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
◆スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
◆トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク
◆カラドリウス ブレイズ
◆ラブライブ! School Idol Paradise Vol.1 Printemps unit / Vol.2 BiBi unit / Vol.3 lily white unit
◆セイクリッド3
◆迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate
◆超次元アクション ネプテューヌU
◆恋愛0キロメートルV
◆マブラヴ フォトンメロディーズ
◆GRID Autosport(グリッド オートスポーツ)
◆Rewrite

≪今週の購入予定≫

メダロット8 カブトVer. 早期購入特典:オリジナルサウンドトラック ほるまりん描き下ろしジャケット仕様 付

ロケットカンパニー


メダロット8 クワガタVer. 早期購入特典:オリジナルサウンドトラック ほるまりん描き下ろしジャケット仕様 付

ロケットカンパニー


早いもので、怒涛の話題作ラッシュだった8月も最終週。
この8月を締める最後の一本は3DSの『メダロット8』だ。



ポケットモンスターシリーズの対抗馬的な作品として誕生しながらも、その独自色の強いゲームシステムと世界観、熱い音楽などで根強いファンを獲得したメダロットシリーズ。その最新第8作が今週、発売となる。
今回はメインビジュアル及び世界観、更にシステム全般を一新した、完全新作も同然な内容。製作スタッフも一新されており、メダロットのデザインは過去のシリーズと同様に漫画家のほるまりん氏だが、キャラクターデザインはイラストレーターの神藤かみち氏が担当。それまでのシリーズとは異なる、今風の雰囲気溢れるものへとフルモデルチェンジされている。更にシナリオ担当は『428 ~封鎖された渋谷で~』、閃乱カグラシリーズ等で知られる北島行徳氏。探偵をテーマとしたストーリーが描かれるとのことで、従来の作品とは一風変わった内容になっているようだ。
また、システム周りも基本は過去のシリーズを踏襲しつつも、パーツ種別を統一したり、戦闘において実況ボイスを追加、コマンド選択の制限を撤廃するなど、大きな改革が実施されており、公式曰く「シリーズ史上最高に遊びやすく、そして最高にアツいロボトルシステム」に仕上がっているとのこと。DS版以降実装されたインターネット対戦も引き続き実装されているほか、通信メニューへのアクセスがいつでもできるようになっているなど、インターフェース周りも改められ、より快適に遊べる作りに進歩しているようだ。
個人的にメダロットはアニメと漫画で知っている程度で、ゲームの方はまるで遊んだ事が無い(ただ、3DSの前作は体験版で少し遊んだ)のだが、今回は今までのシリーズとはまるで異なる雰囲気に惹かれ、挑戦してみる事にした。ただ、体験版を遊んでみたらフリーズバグに遭遇するという不吉な事があった為、製品版は大丈夫なのかと結構な不安があるのだけど。バグまみれとか、そうでない事を今は祈りますぞ。なお、購入するのはクワガタの方で。もし、売ってなかった時はカブトを選ぼうと思う。

また、このメダロット8の前日には『脱出アドベンチャー 終焉の黒い霧』が配信。
『旧校舎の少女』から長らく続いてきた時野若留(+トキノ)の物語のクライマックスという事で、買わないなんて選択肢があるはずも無く。シアワセの赤い石のあの結末からどんな方向に話が収束するのか、じっくりと拝ませて頂きます。
脱出ゲームにしても、今回は難易度的に抑えめになっていれば有り難いです。あのシアワセの赤い石終盤のアレもまた見たくもあるけど。

そんなこんなで、8月のフィニッシュをキッチリと決めましょう。
そう言いながら、9月早々(来週)にガイストクラッシャーゴッドが来るのだけど。
by box057 | 2014-08-24 21:55 | 気になる新作 | Trackback
2014年 08月 24日
進捗メモ(2014年8月24日)
--- 本館更新情報 ---
◆『Collect Data Box』を更新。
◇テレビ番組で流れたゲーム音楽&効果音の記録
≫今日は一日ゲーム音楽三昧II(ツヴァイ)


--- 積みゲー進捗 ---
◆TO THE MOON(PC)<クリア>
◆タッチ!カービィ(NDS)
◆奪還指令魔女ダンジョン~主の為ならやらねばなるまい~(3DS)
◆ウォッチドッグス(PS4)
◆ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(3DS)
◆ピクセルジャンクシューター:アルティメイト(PSV)
◆ゴッドイーター2(PSV)
◆煉獄弐 The Stairway to H.E.A.V.E.N(PSP)

≪追加≫
◆蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト(3DS)
◆クニットアンダーグラウンド(WiiU)
◆3Dサンダーブレード(3DS)<クリア済(アーケード、スペシャル)>
◆ディアブロIII リーパーオブソウルズ アルティメットイービルエディション(PS4)


地味にゴッドイーター2がサクサクと進む。
ただ、あの展開はどうしたものだろ…。

c0090360_214035.jpg

何か、今回の2はストーリー的に唐突な展開が目立つような気がしてならん。
まあ、例の展開に関してはあからさまなフラグが立っては居たけども。
ゲームシステム周りは着実な進化を感じ取れる作りだけど、ストーリーは正直、バースト(初代)の方が良かったかなと思えてしまう感じだ。
エミールを始め、キャラ周りはこっちの方が濃い印象だけどね…。
さてはて、これからどんなオチに向かっていくのやら。
by box057 | 2014-08-24 21:48 | 進捗メモ | Trackback
2014年 08月 23日
トレジャーハンター・ノット
予約録画した今週の『孤独のグルメ』を見たら、妙に良い声の俳優さんが出てた。
何だこの人は…と思いつつ、エンドロールを見た。
アンチャーテッドのネイトさん御本人(東地宏樹さん)だった。

この回は消さずにしばし残しておこう。
そう心の底から思った今日この頃。

というか、地味にHDDに予約録画した番組が溜まり過ぎてカツカツ状態。
そろそろ、長いことチェックしてない番組は順次、消していかねば…。


◆Android版 βテストユーザー募集中! | スマートフォン版『ソリティ馬』 (ゲームフリーク公式サイト)
◆『ソリティ馬』のiOS/Android版が今秋登場! Android版クローズドベータテストの参加者を募集開始(電撃オンライン)

まさかのスマホ版。
この展開は予想外過ぎる。
F2P方式というのが気になるところではあるな…。
どう考えても、コンプくんを課金方式にしてきそうではあるが(汗)。
何にせよ、3DS版を大いに楽しませてもらった以上は是非、こちらにも手を出したい。
ベータテストの方は…気が向いたら考えてみるという事で。

◆脱出アドベンチャー 終焉の黒い霧(アークシステムワークス公式サイト)
◆3DS『脱出アドベンチャー 終焉の黒い霧』が8月27日から配信! クライマックスを迎える時野若留の物語。体験版が本日8月20日から配信(電撃オンライン)

続編が待ち遠しくなる結末を迎えた『シアワセの赤い石』から約4か月。
満を持して待望の新作登場!
遅くとも年内に出てくれればと思ってたら、かなり早い時期に来てくれて有り難い!
そして、このどう見ても完結編にしか思えぬタイトル名…ゾクゾクしてくる。
一作目『旧校舎の少女』から長らく引っ張って来たストーリー上のあれやこれやが一体、どんな形で決着を迎えるのか。そして、前作のラストで行方不明になった彼はどういった形で登場するのか。これで完結編と見せかけて実はまだ続きます!…なんてオチだったら、スライディングズッコケも良い所だけど。
正直、『メダロット8』を購入する週に配信されるというのが予定狂いも良い所なんだけども、待ちに待った続編。いつも通りに買いますとも。
あと、前回で課題として残った序盤の難易度も改善されていると良いな。

◆『ヒーローバンク2』発売日が11月27日に決定 早期購入特典は伝説の“ふなっしースーツ”とアーケードゲームで使えるレアカード(ファミ通.com)

先の脱出アドベンチャーとは異なる、まさかの…否、まさか過ぎる続編。
こんなに早く二作目が出るとか、ロックマンエグゼが脳裏を過ぎる。
だが、発売日が際どい。
ポケモンルビサファのリメイク版が発売後の週って…。
何でまた、そんな所に設定しちゃったかね…。

…セガだから?
そうなんだろうね。(遠い目)

◆「3D サンダーブレード」インタビュー(Part1)より遊びやすく! 「サンダーブレード」の素晴らしさを知らしめる(?)1作(GAME Watch)
◆「3D サンダーブレード」インタビュー(Part.2)まさにやりたい放題! の「スペシャルモード」に迫る(GAME Watch)

c0090360_033082.jpg

ネタにされまくった反動と先日の『ゲーム音楽三昧II』で曲が流れた際のTwitterのフィーバーぶりに飲まれた挙句、購入。
まだ触りしかプレイできてないけど、立体視との相性が抜群過ぎて笑う。。。
まさに執念の産物というに相応しいクオリティですわ…。
スペシャルモードも含め、隅々まで楽しませて頂きますぜ!

◆Wii U|悪魔城ドラキュラ ~サークル オブ ザ ムーン~(任天堂:紹介ページ)

GBAのVCで最も配信を望んでたタイトルが遂に…!
中古の値段が割高な為、なかなか手を伸ばせずいただけに、これは凄く有り難い。GBAのドラキュラシリーズは遊んでみたくて仕方が無かったから、問答無用でゲットと行く。
続く白夜と暁月の二作も早い内にお願いします!

というか本当、今年になってから、DL配信絡みでコナミが輝きまくり…。
スパークスターときらきら道中の二本が未だ来ないのがもどかしくあるが。
その調子で3DSのVCにも何か一作頼みます。
もう、三カ月も新作の配信が無いからなぁ…。
何でこんなにもブランクが空いてしまっているんだろうか。
ネタ切れだから、とか言ったらさすがに異議を申し立てるしかないんだが。

◆みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ - ニンテンドー3DSダウンロードソフト(エインシャント公式サイト)



『メゾン・ド・魔王』に次いで、またもXbox360のインディーズゲームが3DSへ。
これ、有賀ヒトシ先生が製作に絡んでるという事で地味に気になってたんだよね…。
360未所持故に前作は手を出せず終いだったけど、これなら行ける。
配信日を気長に待つとしよう。
そして、それまでの内に左上のパッケージを印刷しておこう(笑)。
あんな特典を用意するのがまたニクいですの…。

しかし、さりげなくボイス有りだけど、声優さんの選定理由が地味に笑える。。
本人的にも一種の強みになるんでは。

◆『ぷよぷよテトリス』がPS4とXbox Oneで12月4日に発売決定!(電撃オンライン)

まさかの発売にビックリ。
でも、DL版が無いというのがよく分からない…。
こういうゲームの場合、出すべきだと思うんだけど。

◆PS Vita「朧村正」、追加DLC第4弾「角隠女地獄」配信決定!DLC配信を記念し「Vita the Best」を期間限定セール(GAME Watch)

また1年先になるのかと思ったら…。
ボスラッシュモードのようなものが遊べるってのに少し惹かれる。
Wii版があるからという事で見送ってたけど、セールになるなら考えてみようかね。
ほとんどDLC目的での購入になるだろうけど。

◆『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd』8月のエクストラデータに、リズムゲーム楽曲「愛言葉」と「積乱雲グラフィティ」が登場! “あのお方”の配信予定も!?(ファミ通.com)

スキンの配信ばかりで、追加楽曲はやらないのかなと思ってたらようやく来た。
だが、あの御方は幾ら何でも想定外過ぎるわな!(汗)。
買っておくべきなのかな…。

◆『地球防衛軍2 PORTABLE V2』あのアクションシューティングゲームがプレイステーション Vitaで登場(ファミ通.com)

既に3が発売済みなのに2を出すというのがよく分からん…。
かと言って、4をVitaに出すのはフェンサー的に難しそうだし。
難易度面での難点はあれど、PSP版の2を持っている身はスルーかな…。

◆『バイオハザード HDリマスター』スペシャルインタビュー(ファミ通.com)

プロデューサーが意外過ぎる人物で驚いた。
まだカプコンに在籍されているってのが嬉しい。

しかし、日本語音声に新たな操作を追加とか、意外と思い切ってる。
単純なHD化では終わらぬ内容になっていそうだな…。

◆【速報】PS Vita版『ケイオスIII』に全過去作が同梱されることが決定(ファミ通.app)

これはお得過ぎる上に決定的にも程がある報せ…!
大作故に躊躇うところもあるけど、購入を考えてみるか。

◆「ファタモルガーナの館」が櫻井孝宏、小清水亜美など豪華キャストでドラマCD化 原作一章をもとにした第1巻が12月28日に発売、64ページのSS小冊子が付属(窓の杜)

ミシェルと白い髪の娘の声優がゲームプレイ時に脳内で想像してた声優で吹いた(笑)。
しかし、コミカライズに留まらず、こんなのまで出てしまうとは…。
徐々にコンシューマでの展開も現実味を帯びて来たような気がする。

◆「ぬ~べ~」ドラマ化、主演は関ジャニ丸山(コミックナタリー)

異議ありまくり。
というか、実写化を企画した人の神経を疑う…。

◆PENGUINBEAR Project

唐突にカウントダウン開始。
全くの新作なのか、続編なのか…。
ガッカリなオチでない事を今は祈るしかない。

◆名作64ソフト「ゴールデンアイ」を“007”ピアース・ブロスナンがプレイ!(シネマトゥデイ)



何という夢の企画。
司会者の方が羨まし過ぎる。。
でも、もうちょっと長く対戦して欲しかったかも。

にしても、既に還暦を過ぎているのもあるが、ブロスナンも老けたよなぁ…。

ゴーストライター [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)


先日、これを観た時にも思ったけど、すっかり老齢の役が似合う風貌になってしまった感がある。まあ、歳を取っても三枚目な素の性格は相変わらずだけども。。
by box057 | 2014-08-23 00:26 | 日記 / ゲームネタ | Trackback
2014年 08月 17日
【今週の新作】:究極のラッシュ
≪2014年8月21日発売タイトル一覧≫
◆ディアブロIII リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション
◆The Last of Us Remastered
◆バレットガールズ
◆CHAOS;HEAD DUAL(カオスヘッド デュアル)
◆鉄道にっぽん!路線たび 鹿島臨海鉄道編

≪今週の購入予定タイトル≫
今年のお盆明けは、究極的なソフトラッシュである。

20日。ダウンロード配信専用タイトルとしてロックマンゼロシリーズでお馴染みのインティ・クリエイツが放つ新作『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』、3DSで数多くの小粒ながらも素敵なゲームを輩出し続けているフライハイワークス初のWiiUタイトルで探索型アクションの『クニットアンダーグラウンド』。そして、M2社長・堀井直樹氏執念の産物『3Dサンダーブレード』。どれもこれも話題作としか他に言い様の無いものばかりが出る。

ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション初回生産特典追加DLC『 地獄の肩当て+4種 』同梱

スクウェア・エニックス


ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション初回生産特典追加DLC『 地獄の肩当て+4種 』同梱

スクウェア・エニックス




そして、21日にはハック&スラッシュの代名詞にして、究極的な中毒性を持ち味とするアクションRPG『ディアブロIII』の完全版である『ディアブロIII リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』。個人的に今年度発売された新作の中で、最も時間を費やしているであろうゲームの究極バージョンまでもが出る。

これらのタイトルを前にしてすべきことはただ一つ。
全部、買う!
それだけだ。
by box057 | 2014-08-17 22:40 | 気になる新作 | Trackback
2014年 08月 17日
進捗メモ(2014年8月17日)
--- 本館更新情報 ---
※更新お休み


--- 積みゲー進捗 ---
◆チャイルドオブライト(PS4)<クリア>
◆タイムスプリッター 時空の侵略者(PS2)<クリア(ストーリー)>
◆魔神少女 -Chronicle 2D ACT-(3DS)<クリア(シズー編)>
◆パロディウスだ!(GB)<クリア>
◆スペースインベーダーX(GB)<クリア>
◆キャンピングママ+パパ(NDS)<クリア(全ステージクリア)>
◆ころんらんど(SFC)<クリア(くえすとモード)>
◆ソウルゲッター ~放課後冒険RPG~(GB)<クリア>
◆ベリウス ローランの魔獣(GB)<クリア>

◆タッチ!カービィ(NDS)
◆ウォッチドッグス(PS4)
◆ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(3DS)
◆奪還指令魔女ダンジョン~主の為ならやらねばなるまい~(3DS)
◆ピクセルジャンクシューター:アルティメイト(PSV)
◆ゴッドイーター2(PSV)

≪追加≫
◆ゼルダ無双(WiiU)<クリア済(レジェンドモード)>


5月のリベンジがてら、『ルートダブル』の攻略に集中するか。
或いは、早期に決着できそうな積みゲーを軒並み攻略するのに徹するか。

結果的に後者を選び、沢山終える事ができました。
今週に買ったゼルダ無双まで一段落を迎えたのは正直、予定外だったが…。
何にせよ、これでガンヴォルト、ディアブロ3BOR等を安心して出迎えられる。

個々の感想はまだ書いていない『メタモード』も含めて後日。
ただ、キャンピングママとソウルゲッターの二本は個別の記事にて感想を。
by box057 | 2014-08-17 22:13 | 進捗メモ | Trackback
2014年 08月 11日
ザンマイ・ツヴァイ
◆今日は一日“ゲーム音楽”三昧II(ツヴァイ)(NHK-FM公式サイト)

そんなこんなで、昨日は4年ぶりの『今日は一日ゲーム音楽三昧』でした。
先週まで、日曜日に何か予定が入って聴けなくなるんじゃないのかと戦々恐々の思いをしていたけど、何も予定は入らず杞憂に終わり、全編ぶっ通しで聴く事ができた。
今回もあっという間の10時間でございました。

バイオニックコマンドー/デッドライジング

ガガガSP 水木一郎 / SMD


残念ながら、今回は前回の『Invader Girl!』のようなリクエスト採用の奇跡は起きず。
上記のバイオニックコマンドー以外にも、『大玉』のエンディングテーマ『Cold and Bold』もリクエストに出していたんだけど、そちらも流れず…というか、歌詞からしてNHK的にアウトな気がして、ほぼ絶望視していたので悔いはない(笑)。でも、バイオニックコマンドーは珍妙な曲を集中的に流す枠があったから「もしや?」と望みをかけてたんだが…、残念ながら叶わず。まあ、今回はリクエストの総数も凄まじかったから、マイナーなこれは選ばれるにも厳しいものがあったのかもしれない…。
何にせよ、次回があるならリベンジしてみたいと思うばかりです。

肝心の番組に関しては、4年前の反省がしっかりと活かされた作りになってたのがとても良かった。特に最大の欠点、テンポの悪さは全面的に改善され、前回を超える120曲を流す事ができたのは大きな進歩と言えると思う。
更に前回、何故に流れず終わったのかが不思議でならなかった『悪魔城ドラキュラ』、『ポケットモンスター』、『星のカービィ』の三作の曲も流れたほか、前回のラストで重大な説明が抜けてた『ギャラガ』の曲に関する詳細が明らかにされる、クリエイターに焦点を当て、音源や時代に合わせて楽曲作りがどう進歩して行ったかのマニアックなトークが展開される、そして『ZUNTATA』と『Blind Sport』による素晴らしいライブ(特にZUNTATAは短いのが勿体ない位に凄く良かった!)が繰り広げられるなど、ゲーム音楽をテーマにした番組ならではの掘り下げも徹底され、より魅力溢れる番組へと様変わりした印象を抱いた。

特に先に少し触れた、珍妙な曲を集中的に流す枠は今回屈指の良い所だったかと。
チョイスも素晴らしく、無理矢理過ぎる歌詞が売り(?)の『Go Goマリオ!!』、曲はカッコイイのに歌詞が残念な『お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果』、指が折れるまででお馴染みの『セガサターン、シロ!』など、リスナーの爆笑と突っ込みを誘うものばかりで、もの凄く楽しいひと時を味わえた。

新・豪血寺一族-煩悩解放-

エキサイト


というか、この枠では『レッツゴー!陰陽師』も流れたのだが、これがゲーム音楽だったという事、個人的に今回の放送で初めて知った(大汗)。今までずっと個人が作ったPVと曲なのかと思ってたんだが、ゲーム由来のもの、『新豪血寺一族 -煩悩解放-』のステージ曲の一つだったのか…(そして、件のPVはゲーム内の隠し要素だったと…)。
何とも今更過ぎますが、勘違いしていてすみませんでした。
それ以前に今回、ここで聴かなかったらずっと勘違いしたままだったかも…。
とにもかくにも、リクエストを出したリスナーの方に感謝したいと思います。。
時間の短さが勿体ないところではあったけど、ゲーム音楽の幅の広さを堪能するには申し分のない時間帯で、次回があるならまた枠を設けて欲しいと思ったところ。次は是非とも、バイオニックコマンドーのアレをこの枠でお願いしたいところでございます。『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のマロマートも良いかもしれないけど。

そう進化が見受けられた一方で、放送事故が多発したのが非常に残念。開始間もなくあった青森県での震度5弱の地震、台風接近に伴う天候情報が挟まるのは止む無いとして、裏方の選曲担当のスタッフの不手際に関しては擁護のしようが無かった。
というか、ちょっと今回は不手際が多過ぎた。
『ポケットモンスター赤・緑』のジムリーダー戦の曲を流す…と思ったら、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』のジムリーダー戦を流し、その後の訂正で赤緑のアレンジ版と盛大に間違える(後述の『時の回廊』みたいに訂正放送も行われず)、原曲とアレンジ版を間違えて流す、『ブレイブリーデフォルト』の『地平を喰らう蛇』のようにこれからという所で曲を強制終了させるなど、聴いている側には何でそのようなミスが…と不思議に感じてしまうものが幾つもあった。特に『クロノトリガー』の『時の回廊』では、真偽は不明だがファンメイドの8ビットアレンジを流すなど、音源の供給先は動画サイトなのかと疑ってしまう一件もあって…。今回の担当スタッフはゲーム音楽に関してロクに知識が無いのかと怒りを覚える一幕があったのが本当に残念でならなかった。
前回とか、このような選曲ミスや無理矢理な強制終了など、一切無かったのに。尚更、今回やたらと見受けられたのは気になった。4年の月日が流れたが故に世代交代があったのかもしれないが、せめてやる前に曲についてしっかりリサーチしておけよと。ゲーム音楽に関する知識も可能な限り、詰め込んでおけよと。本当、今回のスタッフには猛省を促したいところだ。ポケモンのジムリーダー戦の曲とか、リクエストした人はさぞ悔しい思いをしただろうし。リクエストの選曲ミスは、他の三昧でも考えられ得る事なのだから、二度とリクエストを出したリスナーを悲しませるような事はしないよう、神経を配って頂きたい。

あと他に気になったのは、ゲストが多過ぎて流れる楽曲に偏りが出てしまってた事か。
今回はゲストに合わせた楽曲が選ばれるケースが非常に多くあり、そのせいでリスナーのリクエストが十分に消化できていない、また作品周りで大きな偏りが生じてしまっている印象を抱いた。ゲストの方々のトークは凄く面白かったんだけど(特にZUNTATAとすぎやま先生)、もうちょっと数を減らして良いんじゃないのかと。色んな楽曲を聴きたいというリスナーは少なくないのだし、その辺のバランスを考えて編成して欲しかったと思う。

そんな具合にちょっと今回は前回より落ちる点が見受けられたけど、企画自体の素晴らしさは前回と変わらずで、とても楽しくて密度の濃い10時間でした。
テンポに関しては今回、及第点以上の域まで行ったから、次があるならやっぱり選曲担当のスタッフとゲスト出演に伴うラインナップの偏りが課題ですな。
特にスタッフに関しては本当、心の底から言わせて頂く。
ちゃんと事前にリサーチし、ゲーム音楽の知識を深めてから取り組んでくれ、と。
生放送故の難しさもあるだろうし、一部の曲にはアレンジが複数存在しているものもあったりするから、全てを網羅するのには難しいところがあるかもしれないが、そこさえ抑えてくれれば、この番組は完璧なものになるのは間違いないと思うので、次回での進歩とリベンジを期待したいと思います。
何はともあれ、今回の番組制作に携わった全てのスタッフ、前日からほぼ不眠不休の状態でMCを担当した高橋名人、不慣れな所も見受けられたけど、真面目に番組進行に取り組んでた深川アナウンサー、そしてゲストの方々にはゲーム好きの一人として、このような素晴らしい番組を作ってくれた事に心から感謝を。お疲れ様でした。

次回、『今日は一日ゲーム音楽三昧III(トライ)』でお会いしましょう!
でも、また4年後とかは勘弁な。(できれば2年後を希望)

しかしこれは個人的過ぎるラインナップに関する感想だが、ロックマンシリーズの曲が一曲も流れなかったのはとても残念だ。
今回こそロックマン2とか、来るのかなと思ってたのに一曲も無しとは…。
これについても次回、シリーズの楽曲が沢山流れるみたいなリベンジに期待したい。

……なんて思ってたら。

◆2014年調布FM「真夏のアニソン特番」ソングリスト!(調布FM公式サイト)

昨日、ゲーム音楽三昧IIと同時間帯に調布FMで放送されていたアニソン特番。
こちらの方でロックマンの曲は流れていたのだった。

お前、そっち行ってたんかよ!!
そっちちゃうでしょうよ!!!
いや、確かにアニメになっているけどさ!

ホント、次回の三回目は戻って来いよな…。
by box057 | 2014-08-11 22:13 | 日記 / ゲームネタ | Trackback
2014年 08月 10日
【今週の新作】:真の意味でゼルダ無双
≪2014年8月14日発売タイトル一覧≫
◆ゼルダ無双
◆CLANNAD(クラナド)

≪今週の購入予定タイトル≫
お盆真っ只中という事で、例年通りに新作の発売予定はあまり無し…と思いきや!

ゼルダ無双 (通常版)(初回特典「勇気」コスチュームセット3種 同梱)

コーエーテクモゲームス


今年は一味違う!
こんな時期に何と、ゼルダの新作が出ちゃうのです。
そんなこんなで『ゼルダ無双』がいよいよ発売。今週はこれを購入する。



2013年末のニンテンドーダイレクトで突如発表され、その異様な組み合わせから大きな注目を浴びた今作。その名の通りにコーエーテクモゲームスの看板タイトル無双シリーズと任天堂の『ゼルダの伝説』のコラボ作品で、ゼルダシリーズの世界観で一騎当千という謎解き重視のアクションアドベンチャーを源流とするシリーズ作とは180度異なるゲーム性を持ち味としたアクションゲームだ。
基本的なゲーム内容は、他の無双シリーズと同様、大多数の敵を薙ぎ倒しながらミッションの達成を目指していくというものだが、ゼルダシリーズとのコラボという事で、注目システムによる一対一の戦闘が展開されたり、ボス敵との戦いでは弱点となる部位を探して特定のアイテムで行動不能にする戦術が求められてくるなど、独自の工夫が凝らされている。更にゼルダシリーズと言えば謎解きだが、それに関しては今作では薄めの模様。だが、本編とは別に探索と謎解き要素を取り入れた『アドベンチャーモード』が用意されていたりなど、ちゃんとその手の遊びを求めるプレイヤーもフォロー。メインはアクションだが、ゼルダの作品としての意義もしっかりと守った内容になっているようだ。
プレイヤーキャラクターにしてもお馴染みのリンク以外にインパ、ミドナと言った懐かしの面々、アゲハ、ルトと言ったマニアック(?)な面々、そして今作オリジナルのキャラクターも居たりと盛り沢山。無論、その中にはゼルダ姫もおり、真の意味での『ゼルダ無双』が楽しめるというのも大きなセールスポイントだ!キャラクターのみならず、ステージにしてもゼルダシリーズ懐かしのフィールドがそのまま登場したり、ダウンロードコンテンツとして旧作のデザインで遊べるようになるコスチュームまで用意されているなど、まさにシリーズの集大成と言わんばかりに豪華絢爛、ファン感涙の内容になっていそうな今作。
その組み合わせの奇抜さから発表当時から興味はあったものの、購入するかどうかを判断しかねてたタイトルだが、ゲームの発売が見えてきてからの怒涛の情報ラッシュに関心が増していき、遂には購入を決意するまで至りました。
最近の任天堂のゲームの中では段違いに宣伝が上手く(コーエーテクモが主導的にやっているのもあるのかもしれないが)、結果的にそれに飲み込まれる形で買う事になってしまったが、果たしてその出来栄えは…。何気に無双シリーズはこれが初チャレンジとなるのだけど、その独特の爽快感とゼルダシリーズの要素が如何なるコラボレーションをしているのか、興味深いったらありゃしない。最近、買い漁った旧作の反動で稼働率も上々な我が家のWiiUに更なる油を注いでくれるゲームになっている事に期待したいと思います。
ちなみに通常版を購入予定。トレジャーボックスは…予算的な都合から見送ります。。
それしか売ってなかった時はカグラ2と同様に行くまでだ…。
by box057 | 2014-08-10 23:16 | 気になる新作 | Trackback

ゲームの事とかの備忘録。 (※文章などの無断転載・コピーは固く禁じます。)
by box057
Links
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
検索
ライフログ